箱根ハイキング

沼津アルプス

(徳倉山から鷲頭山・大平山)
 
TOPページ | 駒ヶ岳・大涌谷 | 金時山 | 明神ヶ岳 | 箱根旧街道 | 湯坂路 | 芦ノ湖 | 登山電車沿線 | 矢倉岳 | 湯河原 | 熱海・沼津 | その他
香貫山から徳倉山まではこちらです。

徳倉山から鷲頭山へ

徳倉山を出ると急な下りがしばらく続き、ロープでなく竹の手すりが付けられています。 折れそうな竹もあるので、体重は掛けないほうがいいです。下りきると香貫台分岐です。
徳倉山 香貫台分岐
徳倉山 急な下り 香貫台分岐

香貫台分岐の先に戦時中の壕があり、灌木の緩やな登りがしばらく続き、下りになります。 下っていくと千金岩で視界が開け、正面に鷲頭山、眼下に港と駿河湾が見えます。
千金岩からの展望
緩やかな登り 千金岩からの展望

千金岩からふたたび灌木に入り、ロープの急坂を少し下れば志下坂峠で、右は志下、左は大平への道が分岐しています。
志下坂峠
下り 志下坂峠

志下坂峠から少し行けば視界が開け、正面に鷲頭山、右に駿河湾、振り返ると徳倉山に半分隠れた富士山が見えます。 景色を見ながらしばらく歩けば、志下山でさざなみ展望台とも書かれています。
徳倉山と富士山 志下山
徳倉山と富士山 志下山

奥駿河パノラマ台、馬込峠、き☆らら展望台と通過すると、灌木に入ってぼたもち岩という大きな岩がある志下峠に着きます。
奥駿河パノラマ台 き☆らら展望台 志下峠
奥駿河パノラマ台 き☆らら展望台 志下峠

志下峠から少し登ると中将さんと呼ばれる巨大な一枚岩があります。 ここからとんでもない急坂が始まり、急峻な沼津アルプスの中でも一番大変な登りとも言えます。
中将岩
中将岩 急坂

ロープにつかまりながら何とか登りきると鷲頭山の手前にある標高330mの小鷲頭山で、沼津市街方面が見えます。 小鷲頭山からがんばってもうひと登りすれば、ようやく標高392mの鷲頭山に着きます。
小鷲頭山からの展望
小鷲頭山からの展望 もうひと登り

鷲頭山・山頂は草原で石の祠があり、駿河湾や富士山・南アルプス、反対側の大平山などが見えますが、木が育ってあまり展望はよくありません。
鷲頭山 鷲頭山から見た駿河湾・南アルプス
鷲頭山 鷲頭山から駿河湾・南アルプスの展望

鷲頭山から大平山へ

鷲頭山を出ると急な下りがしばらく続きますが、滑るのでロープにつかまりながら下ります。 下りきると多比峠で、ここから沼津アルプスのハイライトというウバメガシの岩尾根を歩いていきます。
多比峠
急な下り 多比峠

ところどころ東側の大平方面の展望がある岩尾根の軽いアップダウンをしばらく歩くと、多比口峠です。
岩尾根 大平方面の展望
岩尾根 大平方面の展望

多比口峠から大平山へも急な登りですが、距離はそれほど長くありません。 沼津アルプスをここまで縦走してくると、ロープなども無いので脚が動かなくなってきます。 やがて緩やかになって大平山に着きます。標高は356mで、山頂はからの展望はなく、桜の大木があります。
多比口峠 大平山への登り 大平山
多比口峠 大平山への登り 大平山

大平山から多比へ

大平山からはふたたび多比口峠へ戻り、右は大平へ、左へ下るのが多比への道です。 10分ほど下っていくと車道に出ます。駿河湾と淡島を見ながら下っていき、三叉路を左折します。
淡島
車道に出る 淡島方面 三叉路

やがてみかん畑や住宅地の道となり、広い通りの突き当りの左に多比バス停があります。 沼津登山バスと伊豆箱根バスが通っているので、沼津駅行きのバスが15分に1本くらいあります。
多比バス停
住宅地 多比バス停





ハイキングコース
 熱海・沼津 TOP
 玄岳
 沼津アルプス1
 沼津アルプス2

コースタイム
沼津駅
(バス 10分)
黒瀬
0:50 ↓↑ 0:40
香貫山
0:40 ↓↑ 0:45
八重坂峠
0:25 ↓↑ 0:20
横山
0:30 ↓↑ 0:40
横山峠
0:35 ↓↑ 0:30
徳倉山
1:00 ↓↑ 1:05
志下峠
0:35 ↓↑ 0:25
鷲頭山
0:10 ↓↑ 0:15
多比峠
0:40 ↓↑ 0:35
大平山
0:10 ↓↑ 0:15
多比口峠
0:35 ↓↑ 0:45
多比
(バス 30分)
沼津駅