箱根ハイキング

公時神社から金時山

 
トップ > 金時山 > 公時神社
お手玉や蹴ったりして遊んだという金太郎ゆかりの巨岩を見ながら登るコースです。 公時神社には広い駐車場があり、マイカー登山の人が多いです。

公時神社 金時宿り石

◇コースタイム
小田原駅(箱根登山バス50分)仙石(20分)金時神社入口(5分)公時神社(55分)金時神社分岐(20分)金時山




仙石から公時神社へ

小田原駅からで直接、金時神社入口へ行くバスはないので、桃源台方面行きのバスに乗り、仙石で下車します。 金時神社入口へは、仙石原交差点を直進して15分ほど歩くことになります。小田急箱根高速バスなど御殿場駅からのバスもあります。
仙石バス停 金時登山口バス停 金時神社入口バス停
仙石バス停 金時登山口バス停 金時神社入口バス停

坂田公時(幼名が金太郎)を祀る公時神社(金時神社)の参道を進むと、鳥居の真上に金時山の山頂が見えます。 公時神社には広い駐車場がいくつかあるので、マイカーで来ている人が多いです。 傍らには金太郎のマサカリがあり、山頂までの間に金太郎ゆかりの巨石がいくつかあります。
金時神社 金太郎のマサカリ
公時神社(金時神社) 金太郎のマサカリ

公時神社の紅葉(11月中旬) 鳥居から金時山が見える

公時神社から金時山へ

公時神社から樹林に入り、緩やかに登っていくと、左側に金時手鞠石、右に金時蹴落石があり、その上で車道を横切ります。 金太郎がこれらの巨石でお手玉や蹴ったりして遊んだという伝説があります。
金時手鞠石 金時蹴落石
金時手鞠石 金時蹴落石 車道を横切る

車道を横切ると、登山道から少し右に入った所に巨石のある奥の院があります。 登山道に戻って少し登ると、金太郎と山姥が住んでいたと伝わる2つに割れた巨石(金時宿り石)があります。
奥の院 金時宿り石
奥の院 金時宿り石

金時宿り石を過ぎた辺りから徐々に急坂になってきます。 荒れた道を登っていき、樹林から出ると展望が開け、右側に仙石原や神山、芦ノ湖などがよく見えます。 すぐ先が、矢倉沢峠からの道が合流する金時神社分岐で、記念碑が立っています。
登り 仙石原の展望

ここから山頂までは、危ないところはありませんが、かなりの急坂で、丸太の階段や岩場など20分ほどの登りです。
金時神社分岐 丸太の階段 岩場

金時山・山頂

金時山は標高1213m。富士山や愛鷹山などの眺めが素晴らしいです。
金時山から見た富士山
金時山から見た富士山(11月)

金時山から乙女峠、丸岳、長尾峠、三国山への外輪山。右奥には愛鷹山が見えます。
箱根外輪山
箱根外輪山

金時山・山頂の詳しい説明はこちらです。  





コースタイム
小田原駅
(バス 50分)
仙石バス停
0:20 ↓↑ 0:20
金時神社入口
0:05 ↓↑ 0:05
公時神社
0:55 ↓↑ 0:40
金時神社分岐
0:20 ↓↑ 0:15
金時山





プライバシーポリシー