箱根ハイキング

地蔵堂・夕日ノ滝から金時山

 
トップ > 金時山 > 地蔵堂・夕日ノ滝
金太郎が子供の頃に遊んだという、かぶと石やたいこ石、産湯をつかったという夕日ノ滝などを見ながら登るコースです。 足柄峠からの道に出た猪鼻砦跡で、富士山が目に飛び込んできます。

夕日ノ滝 猪鼻砦跡

◇コースタイム
大雄山駅・関本(箱根登山バス25分)地蔵堂(20分)夕日の滝(1時間30分)猪鼻砦跡(40分)金時山


地蔵堂から夕日の滝へ

伊豆箱根鉄道・大雄山駅(関本)から地蔵堂行きのバスに乗ります。小田急・新松田駅からのバスもあります。 終点で下車し、しばらくは車道を歩いていきます。途中、金太郎の生家跡や遊んだという石などがあります。
地蔵堂 金太郎遊び石
地蔵堂 金太郎遊び石

地蔵堂から15分ほど歩くと夕日の滝の駐車場があり、直進すれば金時山、左へ行けば夕日の滝です。 駐車場から赤い橋を渡るとすぐ夕日の滝に着きます。
夕日の滝への道 駐車場
夕日の滝への道 駐車場 赤い橋を渡る

夕日の滝は高さ約23m、夕日に映える美しさが名前の由来で、金太郎がこの滝の水を産湯に使ったそうです。
夕日の滝
夕日の滝




夕日の滝から猪鼻砦跡(夕日ノ滝分岐)へ

いったん駐車場まで戻り、緩やかな登山道を15分ほど登っていくと休憩舎があり、その先で道が分かれます。 右へ行くと足柄峠からの道と合流して猪鼻砦跡へ、左へ行くと直接、猪鼻砦跡へ登る道です。
登山道 分岐

分岐を右へ行くと
沢を何度か渡り、沢を離れてしばらく登っていくと足柄峠からの車道(砂利道)と合流します。 少し先にゲートがあり、手前に駐車スペースがあります。 砂利道をしばらく登っていくと猪鼻砦跡です。
登り 駐車スペース 猪鼻砦への道

分岐を左へ行くと
分岐を左へ行くとすぐに沢を渡ります。この先、何度か渡りながら登っていき、沢を離れると急な登りです。 登りきると緩やかになり猪鼻砦跡に着きます。
沢を渡る 登り 猪鼻砦の手前

猪鼻砦跡から山頂へ

猪鼻砦跡からは富士山の眺めがよく、ベンチが置かれているので、金時山への最後のきつい登りの前に休憩するとよいでしょう。
猪鼻砦跡から見た富士山
猪鼻砦跡から見た富士山

猪鼻砦から10分ほど登っていくと、足柄神社からの道が合流して、鳥居をくぐります。 鎖やハシゴなどで、険しい道を30分ほど登ると、山頂に着きます。
鳥居
鳥居 階段

金時山・山頂

金時山は標高1213m。富士山や愛鷹山、御殿場市街などの眺めが素晴らしいです。
金時山
金時山から見た富士山(5月)

金時山・山頂の詳しい説明はこちらです。  





コースタイム
大雄山駅(関本)
(バス 24分)
地蔵堂
0:20 ↓↑ 0:20
夕日の滝
1:30 ↓↑ 1:25
夕日の滝分岐
0:40 ↓↑ 0:30
金時山




プライバシーポリシー