箱根ハイキング

金太郎ゆかりの足柄古道を散策

 
トップ > 金時山 > 足柄古道
御殿場線足柄駅から金太郎ゆかりの渓流沿いの足柄古道を歩きます。後に金太郎の主となる源頼光に初めて会った滝、静岡県水辺百選の銚子ヶ渕などが見どころです。

頼光対面の滝 銚子ヶ渕

◇コースタイム
JR足柄駅(1時間35分)足柄峠(50分)猪鼻砦跡(40分)金時山


JR足柄駅から足柄峠へ

金太郎の像がある御殿場線足柄駅を出て、踏切を渡ると道が左前方と右に分かれます。 どちらも足柄峠へ続く道ですが、ここでは左前方へ、金太郎ゆかりの足柄古道を行きます。 右の道よりも距離が長く、旧跡を見学する時間を含めると、30分〜1時間ほど多くかかります。 時間に余裕がない場合は、右の道を行くのがよいです。 駅前に「足柄古道・銚子ヶ淵コース」の案内板が立っています。
御殿場線足柄駅 金太郎
御殿場線足柄駅 金太郎の像 分岐

集落をしばらく登っていくと舗装路が終わり、沢沿いの砂利道に入ります。 嶽之下宮奥宮を参拝し、沢の中に馬蹄石を見ると、戦ヶ入りです。 足利氏が室町幕府を築く基礎となった、後醍醐天皇の群に勝利した戦で、両軍が最初に激突したのがこの付近だと言われ(竹之下合戦)、「戦ヶ入り」となりました。
嶽之下宮奥宮 馬蹄石 戦ヶ入り
嶽之下宮奥宮 馬蹄石 戦ヶ入り

戦ヶ入りをすぎると、頼光対面の滝への道が分かれています。 平安時代の武将で、後に金太郎の主となる源頼光に初めて会った伝説の滝です。 高さ7mの滝で、往復すると10分ほどです。
頼光対面の滝
頼光対面の滝

頼光対面の滝をすぎると、数分で静岡県水辺百選の銚子ヶ渕です。 昔花嫁が厳粛な祝言の最中におならをしてしまい、深く恥じて銚子を抱いて身を投げたと言われます。
銚子ヶ渕
銚子ヶ渕

銚子ヶ渕から10分ほど歩くと椿ヶ渕があり、徐々に傾斜が増した林道を10分ほど行くと虎御前入口で、その先で足柄駅で分かれた県道に合流します。 虎御前入口から荒れた山道を15分ほど登れば、虎御前石があります。
椿ヶ渕 虎御前石
椿ヶ渕 虎御前石

県道に出て少し登ると、足柄古道に入り、500mほど歩くと再び車道に出ます。 芭蕉の句碑と2つの六地蔵の前を通り、登りきると足柄峠に着きます。
水飲沢 足柄古道 六地蔵
足柄古道に入る 足柄古道 六地蔵


足柄峠は、乙女峠、長尾峠と並んで富士見三峠の一つで、御殿場市街や富士山の眺めがよいです。
足柄峠
足柄峠

足柄峠から金時山へはこちらです。  





コースタイム
足柄駅
1:15 ↓↑ 1:05
足柄峠
0:50 ↓↑ 0:40
夕日の滝分岐
0:40 ↓↑ 0:30
金時山






プライバシーポリシー