箱根ハイキング

大涌谷から神山・駒ヶ岳

 
TOPページ | 駒ヶ岳・大涌谷 | 金時山 | 明神ヶ岳 | 箱根旧街道 | 湯坂路 | 芦ノ湖 | 登山電車沿線 | 矢倉岳 | 湯河原 | 熱海・沼津 | その他
大涌谷から箱根最高峰の神山に登り、ロープウェーのある駒ヶ岳まで歩きます。

大涌谷〜冠ヶ岳〜神山

大涌谷へは、早雲山または桃源台からロープウェイで行く方法と、小田原駅から伊豆箱根バスで行く方法があります。 大涌谷に着くと噴煙が上がっていて、硫黄の匂いがします。 食堂や土産物屋などの前を通って登山口へ向かうと、 正面にこれから向かう尖った冠ヶ岳が見えます。
大涌谷バス停 大涌谷ハイキングコース入口
大涌谷バス停 登山口(正面に冠ヶ岳)

登山口から登っていくと、ロータリーや黒たまごを売っている玉子茶屋が下方になります。 やがて森の中に入ると賑やかな声も聞こえなくなり、大涌谷分岐に着きます。
大涌谷・玉子茶屋
玉子茶屋 登り

大涌谷分岐を左へ行くと早雲山分岐へ、直進するのが神山への道で、この辺りは岩場の急な登りが続きます。 登りきって平坦な道になると冠ヶ岳への分岐に着きます。 冠ヶ岳へは神山への道からそれて、5分ほどの登りです。
大涌谷分岐 冠ヶ岳への分岐
大涌谷分岐 平坦になる 冠ヶ岳への分岐

鳥居をくぐって5分ほど登れば冠ヶ岳に着きます。山頂はとても狭く展望もありません。 冠ヶ岳は溶岩が柱状のまま固まってできた山で、仙石原から見ると烏帽子のように見えるので名付けられたと記されています。
冠ヶ岳への道 冠ヶ岳
冠ヶ岳への道 冠ヶ岳

冠ヶ岳から分岐に戻り、神山へは5分の登りです。少し行くと広い場所に出て、岩場をひと登りで神山・山頂に着きます。 神山は箱根の最高峰(標高1438m)で、古くから神の山として崇められてきた霊山であると記されています。 山頂は狭く展望はよくないですが、樹木のすき間から駒ヶ岳や富士山などが見えます。
神山の直下 神山
神山の直下 神山

神山から駒ヶ岳へ

神山から駒ヶ岳へは1時間ほどの道程です。 始めは岩場の急な下りが続き、いったん緩やかな道になりますが、今度は土の滑る下りが続き、下りきると防ヶ沢分岐に着きます。 右は防ヶ沢への道、左はお中道、直進するのが駒ヶ岳への道で、少し登ると日当たりのよい広場のようなところに出ます。
防ヶ沢分岐の上
岩場の下り 赤土の下り 防ヶ沢分岐の上

広場から20分ほど荒れた道を登ると分岐で、直進すればすぐにロープウェー駅、左は箱根元宮神社への登りです。
登り 分岐

駒ヶ岳・山頂はこちらのページです。  





ハイキングコース
 箱根・駒ヶ岳 TOP
 箱根園から駒ヶ岳
 早雲山駅から駒ヶ岳
 大涌谷から神山・駒ヶ岳
 駒ヶ岳から神山・大涌谷

コースタイム
小田原駅
(バス 50分)
大涌谷
0:25 ↓↑ 0:20
大涌谷分岐
0:40 ↓↑ 0:30
冠ヶ岳
0:10 ↓↑ 0:10
神山
0:35 ↓↑ 0:45
防ヶ沢分岐
0:35 ↓↑ 0:20
駒ヶ岳