箱根ハイキング

芦之湯から箱根石仏群・精進池・お玉ヶ池へ

 
トップ > 箱根旧街道 > 箱根石仏群
旧東海道の畑宿から飛龍ノ滝、芦之湯、石仏群、精進池、お玉ヶ池など、二子山山麓をぐるっと、湯坂山浅間山自然探勝歩道を歩きます。二子山は特別保護地区で、一般者の立入は出来ません。

◇コースタイム
箱根湯本駅(15分)畑宿(40分)飛龍ノ滝(25分)湯坂路入口(20分)芦之湯(10分)東光庵跡(30分)六道地蔵(25分)お玉ヶ池(30分)元箱根(バス35分)箱根湯本駅


畑宿〜芦之湯

畑宿から旧東海道を100mほど歩くと道標があり、飛龍ノ滝へは1.5kmです。 箱根新道脇の車道を登っていくと、夫婦桜があります。 木橋を渡ると登山道に入り、飛竜ノ滝へは30分ほどの登りです。
畑宿 旧東海道と分かれる 夫婦桜

荒れた道を歩くと分岐で、100mほど外れた所に飛竜ノ滝があります。 飛竜ノ滝は、上段が15m、下段が25mで、竜が飛揚するような形であることが名前の由来です。 飛竜ノ滝から整備された道を25分ほど登っていけば国道1号線に出ます。
飛龍ノ滝 国道1号線に出る



芦之湯から六道地蔵へ

国道1号線に出ると、湯坂路入口バス停があり、ここから芦之湯へは1kmほどで、箱根駅伝5区山登りの気分が味わえます。 芦ノ湯温泉への道に入ると、東光庵跡への階段があります。 ここは江戸時代に文人などが集まるところだったそうで絵にも描かれています。 明治時代に取り壊され、平成13年に復元されました。
芦之湯 東光庵跡
芦之湯 東光庵跡

国道に戻り、熱帯植物を見学できる芦之湯フラワーセンターから、国道1号線の最高地点(標高874m)へ向かうと左側にハイキングコースがあります。 最高地点を越えて少し下ると、曽我兄弟の墓があり、五輪塔は宇宙の生成要素である空・星・火・水・地をかたどったものだそうです。
曽我兄弟の墓
国道1号線の最高地点 曽我兄弟の墓

曽我兄弟の墓から国道をくぐる地下道を通って、精進池の方に向かいます。 地下道の両側には、鎌倉時代に造られたという、二十五菩薩が岩に彫られています。
二十五菩薩
地下道 二十五菩薩

精進池には、湯治に訪れた青年に恋をした大蛇が娘に化けて近づいたが、正体を気づかれて道連れに身を投げたという伝説があるそうです。 周囲500mの精進池の周辺には、多田満仲の墓や応長元(1311)年に造られた応長地蔵、八百比丘尼の墓などがあります。
精進池 多田満仲の墓
精進池 多田満仲の墓

分岐から地下道をくぐると高さ5mの壁面に彫られた六道地蔵があり、小屋を被せて保護されています。 鎌倉時代に彫られた六道地蔵は、関東最大級の磨崖仏です。
応長地蔵 六道地蔵
応長地蔵 六道地蔵

六道地蔵からお玉ヶ池へ

分岐に戻り国道を横切ると、お玉ヶ池への下りです。 20分ほど歩き、お玉ヶ池の左側を半周します。 江戸に奉公に出た少女お玉が故郷の伊豆に帰ろうと関所を破り、処刑されてこの池で首を洗ったのが、お玉ヶ池の名前の由来です。 旧東海道に出ると、畑宿〜元箱根港を運行しているお玉ヶ池バス停があります。 20分ほど車道を歩いて下れば甘酒茶屋です。
お玉ヶ池 甘酒茶屋
お玉ヶ池 甘酒茶屋





コースタイム
箱根湯本駅
(バス 15分)
畑宿
0:40 ↓↑ 0:30
飛龍ノ滝
0:25 ↓↑ 0:20
湯坂路入口
0:20 ↓↑ 0:20
芦之湯
0:10 ↓↑ 0:10
東光庵跡
0:30 ↓↑ 0:30
六道地蔵
0:25 ↓↑ 0:30
お玉ヶ池
0:30 ↓↑ 0:35
元箱根
(バス 50分)
小田原駅




プライバシーポリシー