箱根ハイキング

宮城野から明神ヶ岳

 
トップ > 明神ヶ岳 > 宮城野
明神ヶ岳へ登る最短コースです。明神ヶ岳・山頂は360度の大展望で、富士山や金時山、相模湾や江ノ島などを見渡せます。

登山道 明神ヶ岳

◇コースタイム
小田原駅(箱根登山バス30分)宮城野営業所前(1時間10分)鞍部(45分)明神ヶ岳


宮城野営業所前から明神ヶ岳へ

小田原駅から箱根登山バスの仙石・桃源台方面行きに乗り、宮城野営業所前で下車します。 少し戻った宮城野交差点から左の道に入り、指導標にしたがって登っていきます。 宮城野の早川沿いは桜の名所で、この辺りにも桜が咲いています。
宮城野営業所前 桜
宮城野営業所前 右の道へ

宮城野早川堤の桜 ⇒  

小道に入りすぐに出ると登山道になり、左側に別荘地が続く道を登っていきます。 別荘地をすぎると林道の終点で、ここから鞍部まではしばらく急坂が続きます。
登山口 別荘地裏の道 林道終点
登山口 別荘地裏の道 林道終点

急坂を登りきると明星ヶ岳から明神ヶ岳へ続く尾根の鞍部に出ます。
尾根に出る 鞍部
急坂を登る 尾根に出る 鞍部

鞍部からしばらく登っていくと強羅や早雲山方面の展望が良くなります。 ハコネダケが覆いかぶさる道を登っていけば、道が緩やかになり、塚原駅からの道が合流します。
強羅の街並み ハコネダケ 塚原駅からの道が合流
強羅の街並み ハコネダケ 塚原駅からの道が合流

道了尊からの道が合流すると、金時山や富士山が見えるようになり、10分ほど歩くと明神ヶ岳に着きます。 山頂直下にも道了尊への道が分かれています。
道了尊からの道が合流 明神ヶ岳への道
道了尊からの道が合流 明神ヶ岳への道

明神ヶ岳山頂

明神ヶ岳は標高1169mで、360度の大展望があり、金時山の上に富士山が見えます。 頂上は広々していますが、樹木がほとんどなく荒れていて、植生を回復させるために通路が設けられています。
明神ヶ岳から見た冨士山
明神ヶ岳(8月)

道了尊への分岐からは、小田原市街や相模湾、江ノ島、三浦半島などを見渡せます。
明神ヶ岳から見た相模湾の眺め
明神ヶ岳から見た相模湾の眺め(12月)



山行日記


2009年8月13日 / 宮城野支所前−鞍部−明神ヶ岳−見晴台−登山口−塚原駅(歩行4時間20分)

明神ヶ岳

新しく箱根の地図を買ったら、二宮金次郎柴刈り路という新しい道ができていたので、行ってみることにしました。

最短時間で明神ヶ岳に登れるコースをとることにしたので、小田原駅から桃源台行きのバスで宮城野支所前に向かいます。箱根湯本駅まではいつも渋滞しているので、余計に時間がかかります。

宮城野支所前でバスを降り、すぐ近くのコンビニで飲み物などを買い出発しました。宮城野交差点から脇道に入り、しばらく行くと別荘地の脇をずっと登っていきます。

別荘地が終わると少しすると急坂が続き、とても長く感じます。鞍部に着くとエンジン音が聞こえ、登山道の草刈をしていました。鞍部から登っていくと早雲山や強羅方面が見えるようになって景色がいいが、日差しが強くあまり休んでいられません。

樹木の無い荒地が多くなり、日影になるところで休みながら登っていきます。なんとか富士山も見えました。

明神ヶ岳は日影がなく直射日光がきついので、休んでいられずすぐに出発しました。来た道を少し戻り二宮金次郎柴刈り路を下ります。

1時間ほど下ると見晴台ですが、モヤであまり見えません。さらに30分ほど下ると沢の流れる登山口に着きました。沢の水を樋にひいて手を洗えるようになっていて、冷たく気持ちいいです。さらに下り坂が続きます。

登山口から林道を下っていくと、二宮金次郎の像とベンチがあり、観光地によくある顔を入れて写真を撮る看板がありました。ここから林道をしばらく歩くとグリーンヒルという所でバス停がありました。期待はしていませんでしたが、バスはほとんどなく、塚原駅までトボトボ歩きました。





コースタイム
小田原駅
(バス 30分)
宮城野営業所前
1:10 ↓↑ 1:00
鞍部
0:45 ↓↑ 0:40
明神ヶ岳





プライバシーポリシー