箱根ハイキング

真鶴半島・周回ハイキング

 
TOP | 駒ヶ岳・大涌谷 | 金時山 | 明神ヶ岳 | 明星ヶ岳 | 箱根旧街道 | 湯坂路 | 芦ノ湖 | 登山電車沿線 | 矢倉岳 | 湯河原 | 熱海・沼津 | その他
真鶴町文化財ウォーキングマップを見ながら、海岸線を半島突端の三ツ石まで歩き、真鶴半島を周回します。

真鶴駅から三ツ石へ

真鶴駅前の信号を渡り、荒井城址公園の表示にしたがって細い道を数分行けば北側の入口です。 荒井城址公園は、しだれ桜で有名だそうです。竹林などを見ながら園内を抜けて、南側の出口から出ます。
真鶴駅前 荒井城址公園入口 荒井城址公園
真鶴駅前 荒井城址公園入口 荒井城址公園

荒井城址公園を出て、真ん中の道(急坂)を登っていきます。 コミュニティバスの停留所があり、道なりに海を見ながら下っていけば、2車線の車道で尻掛入口です。 尻掛入口から右へ下っていけば、徐々に道が細くなり、下りきると尻掛海岸に出ます。 中川一政美術館へは、尻掛入口からそのまま2車線の車道を行った方が近いです。
尻掛入口
2車線の車道に出る 尻掛入口 下り

尻掛海岸にはボートが係留され、初島や伊豆半島が見えますが、フナムシが多すぎて気持ち悪いです。 尻掛海岸からは、2車線の車道へ戻りますが、しばらく登り坂が続きます。 2車線の車道に出ると済度バス停です。
尻掛海岸
尻掛海岸 2車線の車道に戻る

済度バス停から少し下ると大浜口バス停で、右の細い道を登って行きます。 再び2車線の車道に戻り、高浦入口から500mほど歩くと、お林展望公園・中川一政美術館です。
大浜口 高浦入口 お林展望公園
大浜口 高浦入口 お林展望公園

お林展望公園の先で、お林遊歩道に入り、山道を登っていきます。 山道を登りきり、道標にしたがって番場浦へ向かうと、かながわの名木100選・クロマツがあります。 山道を下っていくと車道に出て、すぐ先で番場浦遊歩道に入ります。
お林遊歩道 番場浦遊歩道に入る
お林遊歩道に入る お林遊歩道 番場浦遊歩道に入る

しばらく番場浦遊歩道を歩くと駐車場を横切り、下っていくと潮騒遊歩道に入ります。 海岸線につくられた潮騒遊歩道を三ツ石を目指して歩いていきます。右側には伊豆半島や初島が見えます。
潮騒遊歩道
潮騒遊歩道 伊豆方面

三ツ石が正面に見える真鶴岬まで来ると、遠藤貝類博物館へ登る道が現れます。 三ツ石は、約15万年前に噴出した溶岩によってつくられたと考えられ、注連縄は昭和52年につけられたそうです。
三ツ石
三ツ石

三ツ石から階段を登っていけば、カフェがあり、さらに登れば遠藤貝類博物館があります。 博物館前にケープ真鶴バス停があるので、真鶴駅までバスを利用するのもよいです。
遠藤貝類博物館 ケープ真鶴バス停
階段を登る 遠藤貝類博物館 ケープ真鶴バス停

ケープ真鶴〜しとどの窟〜日和山〜真鶴駅

ケープ真鶴から真鶴半島の北側を歩いて行きます。 ケープ真鶴からロータリーのような車道を右へ進みます。しばらく歩くと左側に山の神があり、すぐ先が岬入口でロータリーの起点です。
ケープ真鶴 山の神
ケープ真鶴 右折 山の神

岬入口からしばらく下っていくと海が見えるようになり、海岸線に出ると魚料理店や干物屋が並んでいます。
岬入口
岬入口 海が見える 魚料理店

車道には歩道がなく危ないので、日産マリーナ真鶴まで遊歩道を歩いて行きます。 遊歩道が終わって車道に戻ると、左側の高台に貴船神社があります。
遊歩道 貴船神社の石段
遊歩道 貴船神社の長い石段

貴船神社を出て魚市場をすぎると、石橋山の戦いに敗れた源頼朝が辿りついて隠れたという、しとどの窟があります。
貴船神社 しとどの窟
貴船神社 しとどの窟

港を周りこんで、草柳商店から右の細い道に入り、集落を階段で登っていくと自泉院です。 その先へ道なりに行けば日和山(さば大師)に着きます。 道標がないので、地図がないと分かりにくいです。
自泉院
草柳商店 集落の細い道 自泉院

日和山(さば大師)は、船頭さんなどが朝早く日和山に登って、天候などを見て漁に出るか決めたそうです。
日和山(さば大師) 日和山からの展望
日和山(さば大師) 日和山からの展望

日和山(さば大師)からは、2車線の車道に戻り、しばらく登りが続きます。 まなづる小学校をすぎ、道なりに歩いていけば真鶴駅に着きます。
真鶴駅
登りが続く 真鶴駅





コースタイム
真鶴駅
↓ 0:10
荒井城址公園
↓ 0:10
尻掛入口
↓ 0:10
尻掛海岸
↓ 0:30
お林展望公園
↓ 0:20
潮騒遊歩道
↓ 0:10
三ツ石
↓ 0:20
山の神
↓ 0:25
貴船神社
↓ 0:05
しとどの窟
↓ 0:15
日和山(さば大師)
↓ 0:25
真鶴駅



プライバシーポリシー