箱根ハイキング

湯河原駅から城山・しとどの窟

 
TOPページ | 駒ヶ岳・大涌谷 | 金時山 | 明神ヶ岳 | 箱根旧街道 | 湯坂路 | 芦ノ湖 | 登山電車沿線 | 矢倉岳 | 湯河原 | 熱海・沼津 | その他

湯河原駅から城山へ

湯河原駅前からすぐ左の道に入り、左にある東海道線のガード下をくぐり、坂を登っていきます。 少し登ると城願寺・土肥一族の墓への分岐があります。
ガード下をくぐる 城願寺への分岐

城願寺の境内には、土肥一族の墓や天然記念物で樹齢800年のビャクシンの大樹があります。
城願寺 樹齢800年のビャクシン
城願寺 樹齢800年のビャクシン

城願寺を後にして林道をひたすら登っていきます。 しばらくすると、合戦に敗れた源頼朝が逃げる途中、休憩でかぶとを脱いで置いたと言われるかぶと石への入口があります。 少し登ると正面にかぶと石があります。さらに登ると再び林道に出て、海が見えるようになります。 かぶと石に寄らずに林道を歩いても時間は変わりません。
かぶと石
かぶと石への入口 かぶと石 林道に出る

林道を少し歩くと、今度は立石への入口があります。 立石は、源頼朝が「垂直に立てば天下を取れる」と運試しに念じて投げた石と言われています。 入口から80mほど下らなければならないので、余裕がある人は行ってみるといいです。
立石
立石への入口 立石

立石から林道まで戻り、少し行くと真鶴半島や伊豆方面の展望がよくなります。 展望のよいピクニックランドと呼ばれる広場を抜け、ひと登りすると城山・山頂に着きます。
真鶴半島の眺め
山頂への道 真鶴半島

山頂は小広く草原になっていて、土肥城跡の石碑やいくつか奇岩があり、真鶴半島や伊豆方面の展望がよいです。 奥には、源頼朝が力試しに蹴った石に踵の跡がついたと言われている硯石があります。
湯河原城山
湯河原城山・山頂


城山からしとどの窟へ

山頂を出て少し下ると石畳の緩い登りが続き、しばらくすると広場に出ます。 今度は岩戸山や十国峠を見ながら緩い下りが続き、しとどの窟バス停に着きます。 しとどの窟へはここから折り返して左の道を進みます。
石畳 しとどの窟バス停
石畳の登り 下り しとどの窟バス停

バス停から少し歩いてトンネルをくぐると右にしとどの窟への入口があります。しとどの窟へは下り坂が400m続きます。 しとどの窟は合戦に敗れた源頼朝が隠れたところと言われていて、60体ほどの石仏が安置されています。 ここから一の瀬への道は崩壊しているため通行できないようです。 再びバス停まで戻り、湯河原駅または元箱根港行きのバスを待つことになります。
しとどの窟
下り しとどの窟


城山から城山入口バス停へ

城山から急坂をジグザグに下り、途中から岩の多い道に変わります。20分ほどで城山入口バス停に着きます。
城山入口バス停
下り 城山入口バス停





ハイキングコース
 湯河原ハイキング
 幕山
 南郷山
 星ヶ山
 城山
 天照山
 落合橋から十国峠
 湯河原駅から岩戸山

コースタイム
湯河原駅
0:10 ↓↑ 0:10
城願寺
1:15 ↓↑ 1:05
城山
0:30 ↓↑ 0:30
しとどの窟バス停
(バス 25分)
湯河原駅

コースタイム
しとどの窟バス停
0:15 ↓↑ 0:20
しとどの窟